キャッシングのイー情報でおもてなし

キャッシングに必要な三要素

キャッシングには、必要な三要素があります。それは「収入・履歴・信用」です。まず、現在の状態で安定した収入がなければ、今後のキャッシング利用は難しいものと判断されます。

 

定期的に十分な収入が継続して得られるのか、今後キャッシングを利用してお金を借りた際に、返済が滞ることなく続けていけるのか、現在の収入と照らし合わせて判断してみてください。

 

次に履歴です。履歴とは、キャッシングやカードローンの履歴などを指しています。各金融機関は、それぞれの債務者のデータを信用情報機関と呼ばれる場所にアクセスし共有。

 

それをキャッシング審査のベースとして役立てています。過去に無茶な借入で返済ができなかったような場合や現在、返済が滞っているような場合は、審査に否決されるよう判断されるのです。

 

これは、本人の履歴だけではありません。同居する家族に多重債務者がいるような場合、または配偶者に多額の借金があるような場合は、キャッシング審査に通過することができない。

 

「無理な借り入れができない」仕組みとなっています。つまり、収入と履歴を総合して「信用」というデータがつくられるのです。このように、審査は、様々な要素が複雑に絡み合います。

 

そして、「審査結果」として私たちのキャッシング利用を決めているのです。どのキャッシング商品も可決されないといった場合は、これらの三要素についてもう一度見つめなおしてみましょう。

 

これらの条件がきちんとクリアできなければ、どのような工夫をいくらしても借り入れ審査に通ることは叶いません。一つ一つ、問題を解決してから審査に申し込むようにしたほうが良いでしょう。

 

キャッシングは女性に甘い?

 

キャッシングが女性に甘いということはありません。どのキャッシング商品でも、女性や男性に関係なく審査が実施されます。

 

また、女性だからと言って、特別に低金利で融資を行ったり、高額融資が受けれたり、申込みの際の審査が優遇される訳でもありません。

 

それではなぜ、消費者金融会社をはじめとする金融機関のキャッシングサービスは、女性に優しいというイメージができたのでしょうか?

 

これは、各金融機関が取り組む「レディースローン」や「レディースキャッシング」の(ポジティブな)イメージによるものです。特に消費者金融会社のキャッシングを見れば分かると思います。

 

例えば、女性専用の窓口を設けるなど、女性のための融資を積極的にアピールしています。このため、宣伝やCMを目にしたユーザーが「キャッシングは女性を優遇しているのかぁ」.......

 

と、勘違いをしてしまった可能性が高いです。しかし、最初に説明した通り「女性優遇のキャッシング商品」はほとんどありません。唯一「優遇されているな」と感じるのは、専用ダイヤルの設置です。

 

女性向けとアピールする商品の多くは、女性専用のフリーダイヤルを設置しています。いつ電話を掛けても金融機関の「女性オペレーターが対応します」というサービスが売りなのです。

 

このようなサービス以外は、ほかのキャッシング商品と金利や貸付け可能額、諸々の条件も同じです。自分の必要な用途に合わせて、適切なキャッシング商品を選択するようにしましょう。

 

こうした女性専用キャッシングは、男性オペレーターと話をするのが苦手という方以外は、一般のキャッシング商品に申し込んでも条件は変わらず、受ける印象以外、サービスの内容は全く同じです。